計装機器 Instrumentation Equipment

ドライブレコーダー

YAZAC-eye3 LDW
  • 特長
  • システム
  • アプリケーション
  • 仕様

YAZAC-eye3 LDWの主な機能

※YAZAC-eye3シリーズのY3、Y3T、Y3Liteの全てのモデルでご利用いただけます。
  尚、LDWは本体のプログラム更新および、矢崎指定のサービス店による設定が必要です。

※本機能は、高速道路および自動車専用道路で且つ、60km/h以上の走行で機能します。
  (注意)本機能は、天候・車線状況等により機能しない場合がございます。


■追加機器が不要
・ドライブレコーダーのメインカメラが『画像記録』と『画像認識』の1台2役を担うため、画像認識用の機器追加は一切不要です。
■車線逸脱をリアルタイムで警告
・ウィンカーを作動せずに車線を越えた場合、ドライバーにリアルタイムに音声警告します。
■ふらつき走行をリアルタイムで警告
・ウィンカーを作動せずに車線逸脱を3回繰り返した場合、ふらつき運転と検知してドライバーにリアルタイムに音声警告します。
■イベント画像記録が可能
・『車線逸脱』および、『ふらつき運転』が発生した場合、イベント画像として最大60秒の画像を記録できます。
・イベント画像を記録することで解析ソフトへの保存、検索が短時間で行えます。
■外部信号出力機能
・『車線逸脱』および、『ふらつき運転』が発生した場合、外部に信号を出力できます。
・信号を振動に変換するバイブレーター等のオプション機器を接続すれば、音声に加えて振動でもドライバーに警告します。
■ハザードマップ連携
・『車線逸脱』および、『ふらつき運転』が発生した場所を地図上に可視化できます。
・発生頻度および発生場所の傾向分析だけでなく、発生地点を登録すれば危険地帯接近時に音声で警告します。
■管理者への警告機能
・『車線逸脱』および、『ふらつき運転』が記録された運行カードを事務所のR/W(リーダライタ)に挿入すると、
  危険運転が記録されている旨の注意文が読取画面に表示され、危険運転を素早く把握できます。

システム構成例(本システム構成例はYAZAC-eye3T)

システム構成例

主な機能

管理者向け警告機能

管理者向け警告機能

カード読取時、SDカードの記録に『車線逸脱』・『ふらつき走行』が記録されている場合、管理者向けにメッセージでお知らせします。

『車線逸脱』・『ふらつき走行』をスピード検索

『車線逸脱』・『ふらつき走行』をスピード検索

車線逸脱、ふらつき走行は、専用アイコンによりデータを層別して保存が可能。これにより検索、データ活用が簡単にできます。

『車線逸脱』・『ふらつき走行』をスピード検索

『車線逸脱』・『ふらつき走行』ハザードマップに登録

車線逸脱、ふらつき走行だけのハザードマップを作成および、検索できます。これにより発生地点の傾向を分析し安全運転指導に活用できます。

※その他機能につきましては、各製品ページにてご確認ください。

車載機器(本仕様はYAZAC-eye3T)

YAZAC-eye3T本体

YAZAC-eye3T 外形寸法 W140o×H29o×D154o
重量 400g
動作電源電圧 DC9VからDC32V(12/24V兼用)
消費電力 最大約10W(5カメラ接続時)
動作温度範囲 −20℃〜+70℃
カメラ接続数 最大5台

YAZAC-eye3Tカメラ

YAZAC-eye3T   メインカメラ オプションカメラ 赤外線カメラ
外形寸法 W23.4mm
×
H23.4mm
×
D37.9mm
W23.4mm
×
H23.4mm
×
D37.7mm
W55.5mm
×
H34.0mm
×
D24.0mm
重量 60g 60g 65g
総画素数 約30万画素 約30万画素 約25万画素
画角 水平120°
垂直85°
水平135°
垂直100°
水平92°
垂直72°

YAZAC-eye3T専用SDカードリーダ/ライタ

YAZAC-eye3T 外形寸法 W95mm×H35mm×D75mm
重量 85g
インターフェイス USB2.0/1.1
USBケーブル長 1.5m
動作温度範囲 0℃〜+40℃
カードスロット数 2口